これから色々書くんだと思う。

学生がなんか色々書いてる。

心底憎いこと

名前で性別を勘違いされるんですが、その事を馬鹿にされることが憎いです。自分はこの名前を気に入ってるし、他人と同じでありたくないという思いがあるのでそういう意味で自分の名前は好きなんですが、名前のことを悪意を持ったように言われるとなんだかなーと思います。それでも、名前にこだわらなくてもやってけるくらい中身のある人間になる事が理想ですが……。というより、自分がイケメンだったらそんなことは思われず済んだと思うので、イケメンになりたいです。

もし僕が大学生になったら、これは一緒に連れていくよ。

友達がオーラリアに留学してたんですが、コアラのマスコットのお土産を貰いました。すごく可愛いというかその友達がプレゼントしてくれたから、愛でる気持ちがより厚いものになるという事を実感しました。タイトルはそういう気持ちを表したものです。1人称はただ雰囲気が良かったからですね。

今日、手を振るのと同時に同じ手に持ってたカバンを高く上げたら、カバンからスマホが飛び出て放物線を描き、無事コンクリートに叩きつけられた結果、画面が割れました。すごく物理を感じました。それでも文字が打てて、ブログが書ける!!すごい。こんな事があって、自分は工学部志望なんですが、完全に消費する側だとなんだか訳もわからず絶望してしまいました。親にこのことは、まだ言ってないんですが、本当申し訳ない事をしてしまったという感じです。

そして、数学の宿題がいい加減溜まってるので、消化しにいってきます。

 

こんな時間にすみません

ド深夜です。ガリレオガリレイのHelloGoodbye聞いてどうにかなるかと思いました。自分は、普段から話せる人というのは少ないし、自分がつまらない人間すぎて自分から相手に話ができることもまた多いとは言えないんですが、夜になると無性に寂しくなるというか、自分の悪い所を考えて行動を全力で後悔するみたいな所があって、その考えてることは誰かに言わないし、誰にも言えないものでという汚くて気持ちの悪い部分をもっています。もちろんそれが自分だけでどうとかなんて事は考えてもないし、人間誰でもそういう部分があると思うんですが、自分にはそれを互いに共有できる人が欲しいんです。そこに完全な理解はなくても確かに共有していると確信できるようなものがあれば良いなという……。今は生きてるうち会えれば良いと思っているのですが、会える気がしないし、こんな事は少し経てばどうでもよくなるかもしれないです。その時自分は、がさつになったんでしょうか?成長したんでしょうか?本当に今回は訳の分からない内容です。でも言いたかった。

選択肢が欲しい

理不尽な言動をされて、相手に受験落ちろ以外の気持ちがないです。自分は1つを否定されると、全否定されたような気になって死にたくなってしまうタイプなので、後から謝られたんですが、謝るくらいならこんなに人の心を傷つけないで欲しいなと思いました。そして、夏から、自分は週に何度も泣いてるような気がします。

それから、今日授業中に他の先生が言ってて知ったのですが、地理の先生が京都大学出身だと知って、地理というか社会という自分の好きな科目を、すごい学校を出た先生に教わってると思うと、嬉しくなりました。先生は、顔も爽やかで、自分が話そうとしたらわざわざ屈んで話を聞いてくれるくらい謙虚な方なので尊敬する気持ちが深まりました。森見さんといい、地理の先生といい自分の中で京大は憧れの存在になりまくりだなと実感しました。

好きな人と話がしたい

こういうタイトルをつけるような人間が嫌いなんで、もちろん自身のことも嫌いです。

 明日は数学の単元テストなんですが、勉強してなさすぎて白目を向いているところです。(多分ひどい点を取る)

今、窪美澄さんの『晴天の迷いクジラ』を読んでるのですが、正子の友達海老原君が好きな俳優の窪田正孝さんで再生されます。窪美澄さんとの出会いは元々、窪田さんが出ている映画の原作だと聞いて読んだ『ふがいない空を僕は見た』だったんですが、目当てだった映画をまだ見ていません。ふがいないも、今読んでる作品も窪美澄さんの経歴を見る限り普通にお嬢様育ちのようにみえるというかそうなのに、なんでこんなにあまり幸せとは言えない人たちを書けるんだろうと感じます。

今日のタイトルについて、これは朝にタイトルをつけたのですが、放課後好きな人と部活で話せたので願いが叶いました。やったー!!お互いに好きなアニメの映画の上映が地元が決まったという話を永遠にしてました。好きな人は誰と行くんでしょう。とりあえず今日はいつもは近くに座らないのに、自分の前の席に座ってくれた事で幸せを感じたので、自分が馬鹿で良かったです。今日はいい日でした。明日も頑張って生きます。

祝日が死んでいく

今日は午前中、ずっと睡眠に費やし、そして用事があり、午後に一瞬学校に行きました。3日ほど部活の関係で学校に行っていなかったので、プリントやらを整理してきました。先週の3日間は本当に非現実で長距離バスに9時間揺られて移動したり、たくさん絵を見たり、明日からの普通の日々に戻っていく事を受け入れがたく、宿題をやってないという有様です。学校から返ってきた後も死んだように寝ていました。寝起きにふと思い浮かんだように詩のようなものを書きました

f:id:juunanasaino:20161010215130j:image

最後の終わり方が微妙だなという感じだけど、自分の中ではそこ以外満足です。

それから最近、ノルウェイの森を読みました。読もうと思った動機は、小林緑という女性に会いたかったからなんですが、いい作品に触れる事が出来たという感想です。1番好きな場面は、緑がワタナベ君がコーラを買いに行ってる間に書いた手紙の内容です。好きすぎて、昨日の夜に黙々と日記代わりのメモ帳に写経していたくらいです。緑にワタナベ君に与えてくれるものの大きさと、ワタナベに緑が与えられるものの小ささが書かれていて、なんだか分かる気がするなあと思ってぼろぼろ泣いてしまいました。それでも写経をするという行為は初めてではないんです。以前、江國香織きらきらひかるを読んだ時も睦月が紺から絵をもらった時の事を話す場面も写経をしました。ノルウェイの森では緑とワタナベ君との距離感、きらきらひかるでは自分が絵を描く事を趣味としていたり、睦月と紺の性別の壁といった報われなさみたいなものに激しく共感してしまうからなんだと思います。

最後に祝日が本当に死にかけなので、ちゃんとやってない宿題をやろうと思います。明日がどうにかこうにか悪い日にはならない事を願って。

 

こんばんは

投稿の仕方が分からず、書いた内容が消えて泣きそうになりました。

 こんばんは、『こんばんは』という挨拶を学生なので、あまりすることはないのですが、自分が小学校に上がる前に母が『こんにちは』と挨拶をすると『夕方なのに「こんにちは」なんてお母さん面白いねえ』と返ってきたという思い出があります。嫌味ではなく、純粋に冗談のような返しでした。

さて、とりあえず自己紹介をしようと思います。自分は、学生です。これから、趣味(絵を描いたり、読書したり、まれに星を見る)のことや、勉強のこと、好きな人のことを書いていこう思います。自分のいる世界はきっと広いとは言えないです、それでも色々書いていこうと思います。

 それから、なぜブログを始めたかというと休日の虚無感を埋めるためです。話したい事も満足に話せる友達が居なすぎて辛くなった結果です。くだらない会話のような内容で、誰にも見られないと思いますが、どうぞよろしくお願いします。