これから色々書くんだと思う。

人はいつか死にます。みてください。

無題

さっきは物置で泣いていた。泣きながら、誰か見知らぬ人が突然入ってきて自分を殺すような素振りを見せてくれればいいと思った。そうすれば、自分は生きたいと思うこともできたし、家族にすがろうという気にもなれただろうから。 家族は自分を大切な人として…

また会おうと言ってくれ

クリープパイプの曲『エロ』に「今日は明日 昨日になる」と続く歌詞がある。小学生のとき、まさにこの「昨日」とか「今日」とか「明日」という言葉には、永遠さえも見え隠れする気がした。これから人類が終わらない限り、「昨日」も、「今日」も「明日」もあ…

無題

誰も見てないと思いますが、人を不快にさせる表現があります。 よく親を反面教師として見てきた。 見ざるを得なかった。成長するたびに自分が家族に向ける目は異質なものとなっている。みんなどっか変だなんて言葉は、そりゃそうだけど自分はあなたのことも…

強い妄想。

窓を開けると心地よい風が入ってくるような暑くも寒くもない日の17時半に、夕日の入る窓際のソファで、肌触りのいい、素敵な自分に似合うワンピースを着てうつらうつらとしていたい。 そしたら、好きな人がそこに影をつくって、そっと、そして難なくだき抱え…

一瞬の痛みと長く甘い快さ

何かに悲しんでいない自分は、悲しんでる自分より醜い。失うものなんてほとんどないくせに、優柔不断なままだし、また悲しい時に自分が書いた文章が、意外にも引き込まれるものだった、今は書いていても消化不良で終わっている。 それは心が平穏な時に、創作…

無題

書店にて、ネタバレ厳禁と書かれてる本が並んでるのをみると、それはきっとストーリー自体に面白さのある本なんだなと思う。 だけど、そんな売り文句の本ってむしろ買う気失せませんか、挑発されてる感じがなんだか気にくわないし、後、これは自身の認識が前…

ダラリ

過去の自分の文章があまりにも他人のように思えるとき、最近は落ち着いたのか、思いを馳せるなんてこともなくなったけど、それは紛れもなく自分が自分であることが不思議だと思う感覚に似ている。 自分が自分の顔を持って生まれてきたこと、そして自分に自分…

不要かもしれない

今日好きな人と何人かで話していて、好きな人はいろんなことを思い出して辛いとその会話のなかで何度も言っていた。その後で2人になった時に涙出てきそうとも言っていて、そんなことを言われた自分はどうすれば良かったんだろう。 結局したことは、大丈夫、…

ねむーい

自分の世界にあるものは空とか星とかなのかな。 つまらない人間こそ、そういうものでしか感動できなあのかもしれない。というか、つまらないを定義しようとすると、知識がないとかにたどり着くから、 世界が空とか星しかない→つまらない人間 なのでなく、 つ…

脱したい夜

漠然と過去に戻りたいと思う。 暗い夜空に1人でぽつんと立ってるような感覚にとらわれる、見える先に何がある訳でないけれど吐く息は向こう側の視界をぼんやりさせるし、冬の匂いも鼻で感じ取れる。そして夜空はたくさんの星できっとちょっと前の自分なら美…

くるしくるし

急に、本当にふと急に、嫌だなと思ったことが頭の中にわいてきて、あの時は腹が立ったなと、またイライラが再燃して、気分が悪くなる。3日くらいこんな調子で辛い。つらいつらい。 過去を振り返ると嫌なことばかりだ。そう思うと、なんで今あんな人と肩を並…

思春期か

一貫して、こういう自分の内面を綴ったブログを書いてる人間で、文章も稚拙だと、まず友達が多いとはいえないだろうし、コミュニケーションも得意でないと思う。 今自身は学生で、学校に通う立場の人間だ。学校に不満は今は持ってないし、卒業するために通わ…

どうやったら彼のようになれるか

好きな人が好きじゃなくなったかもしれないなんて前に書いたけど嘘だった。 よく何度も、噛んで旨味の増す曲をするめ曲というように、自分は彼をどんどん好きになっていってるみたいだし、『彼が大好きだ』と口に出したくなる。だから、ちょっと前の時期は考…

自力で心の平穏を取り戻すのってむずかしいね

例えば、好きな飲み物の缶を持ちながら、自分が素敵だと思えた服装をして広い道を散歩をする。ついでに海へ行く。空が暗くなるまでまた歩く。満足した帰り道は家までが面倒だなと少し思う。でも、家に帰って振り返ればなんだか綺麗な思い出に見えてくるもの…

心配性の彼女の心傷

タイトルに意味はない、ただ響きがいい。 若者のすべてを聴くタイミングもなく、夏が終わっていた、季節が夏をやめた、日本が夏をやめたという感じ。 秋を通り越して、冬のはじめみたいに肌寒い日で自転車に乗ってると手がかじかんだ。寒いのは嫌いだけど、…

めちゃくちゃだけど賢くなるから勘弁してくれ

台風が過ぎ去った後の道路を見て流動的とはなんなのかを考える。 自分は動きのあるものが好きだ。 絵だと平凡な窓がはめ込まれていたり、鏡にその景色を写したものとか、奥行きと時間がそこには生まれている実感があって、心地いい気分になれる。 それでも、…

動けない

物理ができない。これはずっと続いてることでどうにかしないとなあと思ってることだけど、そもそも最近勉強がままならないので、どうにかできるかは謎だし、物理を取ってた高校2年時は、半径1メートル程度しか周りが照らされてない状態で、訳がわからないく…

もし愛が重たい人というのが、好きな人が異性と話してる時に目を真っ赤にしてる人だとしたら、それは自分だ。 ここ1週間、自分の心情に変化があったはずなのに、実際動いてみると全然そんな気がしない。むしろ好きな人が誰かと話してるとかそういう光景が前…

こんなことは自己満足かもしれないけれど。

いつも休日の過ごし方が酷く、午前中はほとんど寝てたりする。今日もそんな日だった。 好きな人と5日くらい会ってない。最後に会ったのは、廊下歩いてた時だけど、すれ違っただけだけど、あちらから手を振ってくれて、いつも歩いてたら、相手が行動を起こす…

ちょっとした確認のような想いも込めて

深夜に起きる癖がついてしまった。睡眠が浅いような気になるから、うんざりしてしまう。最近iphoneが壊れた。そのことを親に叱られてしまうなあくらいの感想しか持たなかったのが、自分でもなんでこんなに焦らないのかと不思議だった。 それでも、その壊れた…

きょ(う)のこと

ある学校帰り、どうしようもない気持ちを紛らわそうと公園に向かって自転車を漕いだ。自転車を入り口の邪魔にならないところに止める。そこはいつも登下校中に横切るブランコがあり、木が大量に植わっているだだっ広い、自身にとってやや不気味な公園だった…

明るいことだけ

浮かないことばかりだったので、良いことだけを書き、ひとまずここを癒しの場としたい。 良いことで繋がることといえば、大抵は好きな人のことだが、最近よく近くにきてくれることが多くて非常に嬉しいし、もし好意が伝わってくれた結果の近さなら、とても可…

幸せになることで欠けてしまうものとか

悲しい時は本当に辛いけど、それでも何もなく穏やかすぎる日々を過ごしてると、このまま幸せになって良いのかと思うことがある。続けようとしてた日記に何も書くことがなくなったり、前まで天井に語りかけていた言葉が届かなくなったり、そういう場面に出会…

愛でたい

見ての通りこれは山の一部である。ギリギリまでズームして撮ったものだから分かりにくいが、空と山の境界はあまりくっきりしたものでないという最近の気づきを言いたかった。木が割とはっきりと木だと認識できるのだ。ただの大きな固まりとして捉えてたもの…

細かいガラスのチクチクとした痛さ

中学の友達と遊んだ。集まったのは、自分含めて5人くらいで、前にどこで集まったとかという話を聞く限り、自分はあまり中学の友達と絡んでない方なんだと自覚するし、欲しいわけでもないのに疎外感に見舞われた。 会った人たちの2年近く会ってないような人も…

タイトル思い付かない

最近は幸せというか穏やかな日々を送ってきたような気がする。感情が昂ぶってしまうようなことはなかった。というか、少しでもそういう気になりかけたら、料理をして気を紛らわすことを覚えた。 こんなことをどこで誰に言っても無駄というか、伝わらないと思…

???!!!という感じ、そんなぐるぐるとした海に飲み込まれ、短すぎるものを終える

ただ法に触れるということが最底辺というだけで、法になんか触れていなくても、周りにはおかしく見えてしまうこと、社会から疎まれてしまうことがあるのは理解してるはずなのに、どうしてその加減が分からないのか、どうして生きにくさを抱えなくてはいけな…

何もしたくなくなる。

休日の自分の生き方は、ずっと寝ていて、何も変わることがなくて、本当に情けない。 こう書いてみて、まだ情けないと思えてる事に気付く。言葉にしようとするなら、日々は怠惰で、しなくてはいけない事をするべき時間も布団に入ることで、消費してしまってい…

思い出す

2ヶ月ほど前、用事があり5時間ほどの移動で札幌へ行った。 その時、そこで興味があった使い捨てカメラを狸小路のメガドンキにて、買った。自分は絵を描くので、資料として写真は制作するときとても大事なものだったりする(本物を見れれば良いというのはもち…

無題

寝る前は起きた時、少しはこの気持ちが軽くなってればいいと思いながら眠ることがある。というか、そういう気持ちだったんだろうと起きて付け足すことがある。でも、それはその気持ちに振り回されてるからで(なんか仏教っぽい)、生きるのは難しい。 最近は、…