これから色々書くんだと思う。

人はいつか死ぬし、時を惜しまずみてください(?)

何もしたくなくなる。

休日の自分の生き方は、ずっと寝ていて、何も変わることがなくて、本当に情けない。

 

こう書いてみて、まだ情けないと思えてる事に気付く。言葉にしようとするなら、日々は怠惰で、しなくてはいけない事をするべき時間も布団に入ることで、消費してしまっている。それでもこれは仕方ないことだと思っていて、それで良いんだと思っている。良くない、良くない。

 

自分は人に認められたいし、立派になりたいはずだけど、この溶けた頭では、本当にそうかとなってしまう。馬鹿だ。

 

強く生きてみたい。その言葉に尽きる。