これから色々書くんだと思う。

人はいつか死にます。みてください。

思春期か

一貫して、こういう自分の内面を綴ったブログを書いてる人間で、文章も稚拙だと、まず友達が多いとはいえないだろうし、コミュニケーションも得意でないと思う。

 

今自身は学生で、学校に通う立場の人間だ。学校に不満は今は持ってないし、卒業するために通わないといけない。そこでは、人とコミュニケーションを取らないといけない。

元々、友達が多いか少ないかは、よく分からなかった。前の学校が小さな規模のもので、みんなそこそこに話せる人たちだったから。今の学校は入った頃、知ってる人が両手で足りるくらいだったし、話せる人は片手も指が余る。それでも、なんとかなるだろうと思ったけど、ならなかった。諦めて、朝が来るのが怖いなと思いながら生きていた、憂鬱だった。運動神経も悪いから、冷ややかな視線や言葉を浴びる体育が嫌で仕方なかった。私服の学校だから、その日はジャージを朝から着て行くことになってたし、嫌な気分になるから体育の日以外はジャージを着るのをやめることにした。

今も同じ学校に通ってる訳だけど、これが過去のような形で書かれてるのは、実際に少し前のことだからで、今は前より元気にやってる。自分なりに顧みて、行動した。今も、多分クラスでは浮いてる。それでも前よりは自身の心が穏やかだから良いかもしれない。逆に自分は厚さで例えたら、ありもしないような人間関係に息苦しさを感じていた。クラスの繋がりはゆるいようで、ある時間と空間的範囲で逃れようのないものだった。そして、人の目が気になるくせに、根本的な部分で自分が変わることができる日はこないと思う。自分もどこかで、体育で本気になれるような、他人の気持ちを考えず、他人のできないことを馬鹿にできるような心ない運動神経は良い人たちを見下してしまってるんだとも思う。それでも自分のことを愛してるよという話。