これから色々書くんだと思う。

人はいつか死にます。みてください。

ねむーい

自分の世界にあるものは空とか星とかなのかな。

つまらない人間こそ、そういうものでしか感動できなあのかもしれない。というか、つまらないを定義しようとすると、知識がないとかにたどり着くから、

世界が空とか星しかない→つまらない人間

なのでなく、

つまらない人間→世界が空とか星

なんだと思う。

 

ただ、キラキラしてるだけだ、みんなが素敵だっていうからじゃないか。頑張りたいなんて口にはするけど、頑張れてなくて自分がつまらないから物理の公式1つに感動できない。自身に身体はあっても、厚みがあっても、それは今置かれてる状況で、勉強しなければいけない状況での価値でない。それでも、自分が死んだら、その価値も扱えなくなるなんて不思議だ。

 

色んなものが浮いてる川みたいな思考をした気がする。ああだめだだめだめだだめだ。早く自分好みの自分になってくれ、ならないと、自分が憎いなあ。いっそ早く死ねばいいのにね。そんなこと思ってないけど、言っておけば自分が肯定されて安心できるから。いっそ早く死ねばいい。