これから色々書くんだと思う。

人はいつか死にます。みてください。

無題

書店にて、ネタバレ厳禁と書かれてる本が並んでるのをみると、それはきっとストーリー自体に面白さのある本なんだなと思う。

だけど、そんな売り文句の本ってむしろ買う気失せませんか、挑発されてる感じがなんだか気にくわないし、後、これは自身の認識が前提にあるけど、ストーリー自体に面白さはあっても他に褒められるところがないから、ネタバレされたら困るのでは?と疑ってしまう。

 

それなら自分は、いくら内容を知っていても、そこに素敵なものがあると確信して、手にとってしまうような本を読みたい。いくら名画と言われて、写真で飽きるほど見ても、目の前に立って見ることが全く違うことみたいに。

だから、本当に自信があるならそんな悲しい売り方をしない方がいいと思うという話。