タイトルマダイ

人はいつか死にます。みてください。

 

 どこかは言わないけれど、コンビニで買うチキンの味が全部同じだという話を親としたことがある。実際、自分も同じだなと思っていた。

それでも、そこでの同じ味という言い方は、正確ではなくて、同じ味みたいだというような雰囲気で使っていた。

 

 

 

自分たちには、違いをはっきりと感じられることが、評価されるという状況がなくはない。誰かが同じだと言った、2つとかそれ以上並べられた作品の違いを、説明できる力が求められることがある。

 

その並べられた作品に、コンビニのチキンはない。じゃあなんなのかと言ったら、古典とか、芸術とか、安くはない料理なんだろう。人はそれらを見分けられる力を高い感性といって、もてはやすし、あるコンビニのチキンの味が違うことを主張する人には、そんな言葉を使わないで、もっとずっと汚い言葉を与えるんだろう。それを、なんだかなーって思うけど、自分もそうやって生きているし、もしかしたらこの主張は全部大げな勘違いかもしれない。それでも、綺麗な女の子は綺麗で、色んな花とか言葉が与えられてる世界なんだから、なんも間違ったこと言ってないって信じたい。